国府の肥沃な土壌で育った野菜。豊潤な甘さとやわらかさ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

野菜のご紹介

玉ねぎ

国府玉ねぎ

国府国府地区の土壌は玉ねぎの栽培に非常に適しており、当店の圃場で栽培された玉ねぎは、生でも食べられるほどの甘さがあります。 スライスしてサラダなどにも利用できますし、肉料理や揚げ物の相性も抜群です。 当店の圃場で栽培している主な品種 《早生品種》 浜育ち・浜の宝 《通常品種》 七宝・ターザン・アドバンス・もみじ3号 たまねぎの辛味と臭みは揮発性の硫化アリルという成分によるものです。 この硫化アリルは延髄を刺激して血液の循環を促進させる効果を持っている為、発汗・解熱・緩下・消炎などに働きます。 たまねぎのりん茎の黄褐色の薄い外皮には、脳の毛細血管を強くする成分があり、動脈硬化の予防に役立ちます。

国府白菜

国府自慢の白菜!11月中旬~3月ごろに収穫されます

国府地域は、榛名山の噴火による火山灰の堆積でできた肥沃な土地。国府白菜の甘さ・柔らかさは、この豊かな土壌で育まれてこそのものです。 最盛期の11月下旬〜3月には、ズッシリとしっかり巻いたとれたて白菜がいつでも店頭にならびます。 やわらかくて甘味のある『国府白菜』は漬物に、鍋料理にと美味しさバツグン! 全国の皆様からご好評いただいております。ぜひご賞味ください。

国分にんじん

高崎市・国府地区で開発された<国分にんじん>

高崎市・国府地区で開発された<国分にんじん> こくのある甘さと葉先から根の先まで1メートル程もある長さが特徴で、昭和30年代前半頃には国内で流通したニンジンの約8割を占めたとされています。 その長さから、収穫に時間がかかることなどの理由で生産者が激減したため、伝統のにんじんが途絶えないようにとの願いから、当店で21年夏から栽培を開始しました。 色がよく甘みがあって香りも強いうえ煮くずれしにくいという特徴があり、スティックやきんぴら、煮物、松前漬けなど、にんじん本来の味が引き立つメニューを提供しています。

国分にんじん

国分にんじんの正式名は国分鮮紅大長人参といいます。 「国分にんじん」の名前の由来は、大正時代、フランスからはいってきた種を国府村西国分の男性が改良した事から。 昭和40年頃までは地域を代表する作物でしたが、高度経済成長期を迎えると徐々に栽培が減り、地元でも1軒の農家が細々と作るだけとなってしまいました。

国府野菜本舗は、そんな「幻のにんじん」の生産を再開させ、次世代へ地域の伝統野菜を伝えるための活動をしています。


加工品

国府自慢の白菜!11月中旬~3月ごろに収穫されます

冬場は自慢のブランド野菜「国府白菜」「国分人参」を取り扱っております。 甘くてみずみずしい国府白菜、人参の甘みと旨味が凝縮された「国分人参」どちらも11月後半〜3月いっぱいまで取り扱っております。 また、5月頃から、土壌に恵まれた国府地区で栽培された「国府たまねぎ」も大変人気があります。 夏場は、イタリアントマトなどを栽培しております。